もったいない応募書類

こんにちは。
株式会社バレッグス新卒採用チームです!
   
   
  
   
   
本日は応募書類等のNGに関してお話します!
   
   
まずは、修正の仕方!
   
非常に稀ですが、
    
修正テープを使って間違った文字などを修正している履歴書があります。
   
学生時代はよく授業で修正ペンや修正テープを使用しますが
   
履歴書でも同じように使用するのはNGです。
   
修正で使ってしまえば、「社会人として非常識」と思われてしまいます。
   
    
原則として、一文字でも間違えたら
「新しい履歴書に書く」もしくは「二重線で消して訂正印を押印する」のがマナーですので、覚えておきましょう。
   
  
    
もうひとつは空白の多い履歴書!
  
   
あまりにも空白が多いと履歴書全体がスカスカに見えて
    
採用担当者に「やる気がない」「書き方が雑」という印象を与えてしまいます。
   
志望動機などが空欄だと受ける気がないと捉えられしまい
   
選考の通過率が大幅に下がってしまうことも多いんです。
  
  
    
履歴書を作成する際には、空欄がないように注意して
全体の8割以上は埋めるようにするといいですね!
   
どうしても埋まらない場合は、企業研究をおこなうと空白を埋めることが出来ます。
  
  
書き過ぎて枠からはみ出してしまうのもNGなので難しいところですが
   
枠内に最適な文字数で文章を書くというのは社会人として
    
必要になるスキルの一つですね。
   
 
   
せっかく採用したいと思っても書類にこういった部分があると
   
とてももったいないです!
   
皆さんもこういったもったいないNGをしないように気をつけて下さいね!
   
  
  
   
    
ご相談やご質問はお気軽に下記よりお問い合わせ下さい♪
友だち追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プライバシーポリシーコーポレートサイトCOVID-19

Copyright 2022 株式会社バレッグス