狭小地対応都市型コンセプトアパート『BESTA』

不動産アパートの『新たな収益商品モデル』として建築された

コンセプトアパート『BESTA(ビスタ)』。

普通の賃貸物件と異なる点は「横の広がりよりも縦の広がりで空間を豊かに」

という設計のこだわりです。

同じ占有面積のお部屋に比べてロフトや床に段差を設けることで

空間に広がりを持たせ、使い勝手も考慮されています。

さらに不動産流通の視点から、お客様の“要望”や“気に入るお部屋の傾向”を分析して造っているため、

オーナー様の目線でも貸しやすい仕上がりとなっています。

BESTA3()

バレッグスの考えるアパートは、

都心ならではの狭小地にも対応した新しい都市型コンセプトアパートです。

ゲストの満足とオーナー様の収益性確保の両立を実現するために生みだされ、

限られた面積でニーズを満たす空間設計力やデザイン性、コストパフォーマンス性など、

事業部署の垣根を越えてさまざまな分野が結集した

総合プロジェクトとしてブランド展開されています。

 BESTA6

現在の日本においては、災害時の安全性、省エネルギー志向など、ライフスタイルの多様化や

暮らしの優先度の変化に伴い、住宅にも多様化が求められています。

人口密集地域である東京でも、建物の老朽化や空き家など、成熟都市ならではの問題を抱え、

特にバレッグスが居を構える城南エリアでは古今の建物が密集している上、

そのほとんどが狭小地です。

これまでのようなスクラップ&ビルドではなく、耐久性にも優れた建物を供給すること。

「スケルトン・インフィル」の設計技術をもとに、

「小さくても大きく暮らせる」アパートづくりを目指しました。

完成後は社内勉強会や物件見学会を行い、改善点・問題提起を確実に次へと反映してゆきます。

そしてPM(プロパティマネジメント)事業の立案した経営戦略に沿って運営が始まり、

仲介・管理サポートを行います。

土地探しから管理まで一環してアパート運営を任せられるところもこの「BESTA」の特徴です。

限られた敷地の有効活用を追求する中で生まれた「立体的に暮らす」ということ。

新しい間取りから始まる新しい暮らし方、

「東京アパートメントライフ」という“在り方”。

それがコンセプトアパート「BESTA」が伝えたい魅力なのだと考えます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プライバシーポリシーコーポレートサイトCOVID-19

Copyright 2022 株式会社バレッグス