わたしたちの仲間を紹介します。

IT技術の発展により必要な情報を容易に手にすることが可能になった現在、 多くの企業がデジタルを駆使した情報提供を行い業務を行っています。それは不動産業界においても同じことです。いまやインターネットを使っての情報提供は無くてはならない大切なツール。でもそれはあくまで 「ツール」にすぎません。わたしたちはそれでも実際に家に住まい、そこで生活し、微笑み、安らぐもの。 我々の提供するものはその実生活に密接に関係した「住」を扱うサービスです。 不動産には二つと同じ物はありません 。そしてお客様一人ひとりにも環境があり、生活があり、家族がいます。だからこそ我々の仕事には、本当の意味での 「ヒトのサービス」が必要となるのです。バレッグスでは社員の育成にコダワリます。一人ひとりの魅力が最大限に発揮されるように。そんなわたしたちの魅力的な仲間をご紹介します。

支えになってくれる人がここにはいます

IZUMI OGAWA

建築部 リノベーション二課
首都大学東京大学院
小川 泉

Q1. バレッグスで働くことになった経緯を教えてください。

バレッグスを選んだ理由はいくつかありますが、私の場合、大学院を出たりと少し社会に出るのが遅かったので、少しでも早く経験・技術を身に着けられる会社を探しました。特に住宅の設計をしたかったので、住宅の設計ができることを条件に会社選びを進めました。
そんな中、バレッグスは戸建てとマンションのリノベーション両方を扱っており、またどちらの設計も経験できる会社でした。また当時は設計の人数が3人でしたので、ここならいろいろな仕事の経験を積めるのではと考えバレッグスを選びました。

Q2. 今のあなたの仕事は何ですか?

マンション・戸建てのリノベーション設計をしています。
設計の内容としては現地の調査からパース、プランニング、仕様まですべてを担当しています。
また、バレッグスの場合はお客様との打ち合わせにも設計が入りますので、お客様へ直接ご提案することも多いです。

Q3. あなたの仕事の哲学はなんですか?

哲学ではないですが、きっちり働きこまめに休むこと。
当たり前なのですが、どんなに頑張っても身体を壊したり、大切な家族や友人を蔑ろにしては、最終的に自分は何をしてきたのか分からなくなってしまうと考えています。ですので、働くときは優先順位をつけてきっちり働けるようにしています。一方、仕事と家事があるのでなかなかOFFの時間は纏まって取れません。そんな時は自分にご褒美として、子供たちにお菓子を買って帰り、喜ぶ子供の顔が見られたら全てOK!にしています。簡単な目標ですがストレスを小まめに吐き出して、仕事と家庭が持続的に両立できるよう心掛けています。

Q4. あなたの職種からみたバレッグスのユニークな点は?

良い意味で「若いこと」だと思います。
社員が若い人が多いので、フットワークが軽く、新しい方法にも前向きです。そして何よりも同じ目線の人が多いので相談もしやすい環境だと思っています。
また商店街で開かれるお祭りやハロウィーン行事も積極的に参加しています。イベント当日は会社の周りにたくさんの人が集まり、本当に賑やかになります。バレッグスの「若さ=エネルギー」を感じる瞬間だと思います。

Q5. プライベートの過ごし方を教えてください。

私は子供と過ごす時間が一番リラックスできるので、休日は子供たちと一緒に映画を見たり習い事に行ったりすることが多いです。
でも実際は共働きなので溜まった家事をやっていると気づけば夕方なんてことも多々あります。
なのでここ最近は手抜き家事を覚えました!

Q6. あなたがバレッグスで成し遂げたいことは何ですか?

Cuestudioのブランド化です。
まだ課内で模索中ですが、Cuestudioオリジナルのデザインや納まりを確立するために動いています。これまでの賃貸、再販、一般エンドなど様々な形態のお家を造ってきましたし、デザインもインダストリアルやナチュラルなものまでたくさん経験してきました。これらの経験を基に、よりCuestudioの良さが生かされるデザインを作り上げていこうと考えています。
いつかすべてのお客様からCuestudioだから選んだと言っていただけるようになることが夢ですね。

Q7. 未来のバレッグスメンバーに向けたメッセージ

バレッグスの良いところは「人」だと思っています。
自ら選んだ仕事でも、もちろん良い時だけではなく大変な時もあります。
そんな時に支えになってくれる人がここにはいます。自分のためでなくてもサポートしようとする同僚がいてくれるのは本当に心強いです。地域のイベントの時でも良いので、是非バレッグスの人柄を見に来てください。

求人募集へのご応募/エントリー

募集要項/エントリー

プライバシーポリシーコーポレートサイト

Copyright 2019 株式会社バレッグス