わたしたちの仲間を紹介します。

IT技術の発展により必要な情報を容易に手にすることが可能になった現在、 多くの企業がデジタルを駆使した情報提供を行い業務を行っています。それは不動産業界においても同じことです。いまやインターネットを使っての情報提供は無くてはならない大切なツール。でもそれはあくまで 「ツール」にすぎません。わたしたちはそれでも実際に家に住まい、そこで生活し、微笑み、安らぐもの。 我々の提供するものはその実生活に密接に関係した「住」を扱うサービスです。 不動産には二つと同じ物はありません 。そしてお客様一人ひとりにも環境があり、生活があり、家族がいます。だからこそ我々の仕事には、本当の意味での 「ヒトのサービス」が必要となるのです。バレッグスでは社員の育成にコダワリます。一人ひとりの魅力が最大限に発揮されるように。そんなわたしたちの魅力的な仲間をご紹介します。

私たちが目指しているものは、一人一人の顧客のライフプランに合わせた真の『コンサルティング』です。

TUGUYASU INOUE

不動産事業部ト
成城大学卒
井上承保

『ユーザーファースト』のサービスを顧客に提供し、顧客の人生に新たな価値を創造していくために。

Q1. なにをやっているのか?(事業部として行っていること)

一人一人の顧客に合わせた、不動産コンサルティングをしています。今、不動産業界は激動の時代を迎えようとしています。どの顧客も物不動産に必要なあらゆる情報を、ネットやITの進化で簡単に入手できるこの時代、旧態依然とした不動産情報の提供や、法律に基づいた書類の作成に、もはや価値はありません。津波のように押し寄せる情報を俯瞰しながらも、それぞれの顧客にマッチした不動産における提案ができる会社を、世の中が求める時代が、必ず来ます。そのような中、私たちが目指しているものは、一人一人の顧客のライフプランに合わせた真の『コンサルティング』です。
そのため、賃貸・売買・建築・法律・税務・経済等あらゆる情報を網羅するだけではなく、すべての経験を積んだうえで、日々顧客に向き合って、機械には導き出せない、それぞれの顧客ニーズにマッチした不動産情報を提供しております。

Q2. なぜやるのか?(その理由・目的・ビジョン)

『ユーザーファースト』のサービスを顧客に提供し、顧客の人生に新たな価値を創造していくために、アセットコンサルティング事業部ではビジネスを展開しています。『ユーザーファースト』を実現することを目指している目的は、大きく3つです。

●不動産においては顧客と業者との情報の非対称性が高く、顧客が欺かれることが当たり前になっていること。
●単純に一般論的な数字だけを顧客に提示するAIを代表するようなオートメーション技術が台頭し、顧客の背景にあった情報が提供されず、顧客が選択を迷う機会が増えてきていること。
●業界の慣習として、実体験を持たない業務について、あたかも実体験をもっているかのように顧客に提案をすることで、損をさせるケースが多いこと。
従って、不動産業界はまだまだ『ユーザーファースト』を実現できていない業界です。それを変えていくというのが私たちのビジネスです。

Q3. どうやっているのか?(事業戦略・他社と違い・環境)

日本のすべての経済が今後より集約する東京の特に城南エリアに特化した、総合的な不動産コンサルティング事業を行うこと。これが、私たちの事業戦略です。日本国というマクロの視点では、少子高齢化により、若年層の減少、高齢者の増加で、需要は間違いなく減少傾向にあり、共有過多に陥る可能性が高いことが不動産業界全体の状況であり、相続や贈与など、情緒的側面が大部分を占める相談案件が増加していくことは日の目を見るより明らかです。一方、城南エリア・東京というミクロの視点では、上記のように贈与・相続案件が増加していくことはもちろんですが、政策面や人口動態を踏まえても、他のエリアに比べ圧倒的優位性をほこっています。

また、不動産業界の競合他社はいまだに一貫した特化戦略を取っています。賃貸は賃貸。売買は売買。といったように、社内では完全に分業化が進められており、すべての業務に精通したプロフェッショナルは業界的にもかなり稀です。もちろん、コンサルティングに特化している企業も多くありますが、そのなかで大手不動産業者が持つような大規模な集客スキームや、自社商品を持っている会社はほとんどありません。そのなかで、弊社の強みは、3つです。

①地域富裕層への圧倒的に認知度と立ち寄りやすい店舗立地。
②他社にまねできない、業界を先取りした自社商品。
③すべての業務を一貫して行うことができるコンサルティング人材。

私たちは、城南エリアの限られたエリアにおいては大手不動産会社や地元不動産業者を含めたすべてのなかで圧倒的認知度を誇り、また他社にまねできない商品を多数保有しています。また、豊富な顧客と商品を扱うのは人です。弊社の人材は、すべての業務に精通したコンサルタントを全員が目指しています。また、8割以上が国家資格である宅地建物取引士を保有するプロフェッショナル集団で、顧客に最適な提案ができる体制を整えています。将来有望なエリアの中で、圧倒的集客力・商品力・提案力を武器に、総合的な不動産コンサルティングをおこなうこと。これが私たちの戦略です。

Q4. こんなことをやります。(仕事内容・具体的タスク)

顧客にとってベストな不動産情報を提供するための提案業務がおもなタスクになります。

具体的には、
・お問い合わせや店舗へ来店いただいたお客様の相談対応
・各種コンサルティングセミナーの企画・運営
・不動産情報の提供
・経済情勢に関するアドバイス
・融資機関の選定・提案
・宅建業法35条に基づく、重要事項説明書作成および調査
・マーケティング
・不動産価格査定
・ライフプランニング作成

Q5. バレッグスで働くことになった経緯を教えてください。

経営を知り、真に自立した力を身につけたかったためです。もともと不動産業界にあまり興味はありませんでした。代表の大本との面談時、「仕事は何をやるかではなく、どうやるかである」という言葉を聞いて、この人のところで経営を身に着け、自立した力を手に入れたいと考え入社しました。

Q6. 今のあなたの仕事は何ですか?

不動産コンサルティングです。顧客にあった不動産情報を提供するための、セミナー開催や相談業務を行っています。主には、不動産の売却・購入をお手伝いすることが多いです。

Q7. あなたの仕事の哲学はなんですか?

顧客と自分に対して、嘘をつかないで仕事をすることです。時間と約束を守ることを基本として、顧客に対しても自分に対しても常に誠実に仕事をすることを心がけています。

Q8. あなたの職種からみたバレッグスのユニークな点は?

不動産における様々なプロフェッショナルに気軽に意見を求められることです。大きい会社ではいろんな職種の人がいても、気軽に相談したりはできないと思います。社内のすぐそこの距離に、各分野のプロがいてプライベートでも付き合いがあるぐらいですので、気軽にプロの目線やアイディアを聴くことができます。

Q9. プライベートの過ごし方を教えてください。

基本的には、自分を整えることと、人に会うことが主な過ごし方です。朝6時に起きてランニング、ストレッチをして、瞑想をする。食事をしてから掃除をして、勉強か読書。昼過ぎからは人に会いに行ったり、釣りに行ったりしています。

Q10. あなたがバレッグスで成し遂げたいことは何ですか?

不動産コンサルティングの地位を確立することです。業界ではまだまだ一般的ではなく、言葉だけが先行している不動産コンサルティングですが、これから間違いなく必要になる職種です。自身のコンサルタントとしての成長が、会社にとっても自分にとっても大きなプラスになると考えています。

Q11. 未来のバレッグスメンバーに向けたメッセージ

目の前のことではなく、3年先・5年先・10年先を考えて就職活動、そして社会人としてのスタートをきってください。これからの時代にどういった人材が求められるかというのは非常に重要なテーマです。常に先を見据えながら、一緒に不動産新時代を切り開いていきましょう。

求人募集へのご応募/エントリー

募集要項/エントリー

プライバシーポリシーコーポレートサイト

Copyright 2019 株式会社バレッグス