面接での逆質問について

201999999

    
こんにちは。
株式会社バレッグス新卒採用チームです。
  
  
  
   
面接の際、学生からの逆質問を求める企業は多いですよね。
  
  
    
これはその企業に対する学生の志望度を計ったり、
  
学生側と企業側の意識の相違からなる採用のミスマッチを防ぐための確認の意味もあります。
  
   
   
逆質問の有無で採用が決定するわけではありませんが、
   
企業に自分をアピールできる場でもあるので
質問しないのは非常にもったいないです。
  
  
   
・例)「私は大学で◯◯をやっていましたが、
こういった経験は御社での仕事に役立つでしょうか?」
   
⇒質問している様に見えて自己アピールする。
    
 留学経験や部活動の経験など自分のアピールポイントが明確になっていれば効果的です。
 また、具体的に仕事をしているイメージがある人は人事から高評価を得やすいので、ダブルで効果的です。 
   
  
   
・例)「支店長になった人の最短記録は入社何年ですか?」
  
    
⇒(支店長でなくても構いません)
 キャリアパスの具体例を聞くのは効果的です。
 人事から「この学生は上昇志向があるな!」と思われます。
   
  
   
ちょっと調べればわかるような事を質問したりするのはマイナスの印象を与えてしまいます。
   
  
最低限、採用媒体に掲載されている情報には目を通した上で説明会や面接に臨みましょう。
  
   
  
   
バレッグスでは一次選考直結セミナーを開催しております!
   
バレッグスのこと、仕事のこと、就活のこと、
気になることは何でも質問してください!タブーは一切ございません(*^▽^*)
   
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!
  
  
   
ご相談やご質問はお気軽に下記よりお問い合わせ下さい♪
友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

求人募集へのご応募/エントリー

募集要項/エントリー

プライバシーポリシーコーポレートサイト

Copyright 2019 株式会社バレッグス